節分とは?由来を子供向けに簡単に紹介!豆で鬼退治をする理由は?

鬼は〜外!福は〜内!

2月3日は節分の日

 

この日は、あちらこちらから

鬼役に徹するパパに向かって

豆まきをする子供たちの元気な掛け声と

笑い声が聞こえてきそうですね。

 

でも、なぜこの日に豆まきをするんだろう?

 

豆まきは、節分の恒例の行事として当たり前にしてたから

なぜするのかなんて考えたことすらない・・・

「ん?子供に聞かれたらなんて答えよう?」

 

ということで、

子供に聞かれても答えてあげられるように

節分について調べてみましたので、

子供に説明する自信のない方は、

ぜひ一緒にその理由をみていきましょう!

 

そもそも節分ってなんなの?

本来、節分って年に4回もあるみたいです。

今まで、節分=2月3日って思っていましたが、

正式には違うようです。

 

正しくは、

春夏秋冬のそれぞれの季節の始まりを

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」といいますが、

その季節の始まりの前日

つまり、

季節の終わりの日節分というそうです。

「季ける」から「節分」と名付けられたとのことです。

 

では、なぜ「立春」の前日だけが

一般的に節分と認識されるようになったのでしょうか?

 

それは、

旧暦のお正月は、立春前後の新月の日とされていました。

そのため、立春は新たな年を迎える大切な日だったのです。

この春の節分は、現在での大晦日にあたり、

季節の節目であり、また年の節目であることから、

他の節分と比べて重要な意味合いを持ち、

江戸時代以降は、節分といえば、

この春の節分を指すようになったといわれています。

 

また、春の節分=2月3日ではなく、

1985年から2024年ごろまでが2月3日にあたるだけで、

2日や4日が春の節分にあたる年があるそうです。

2025年以降、閏年の翌年は2月2日が節分にあたるそうです。

3日以外が節分ってちょっと違和感がありますね!

節分とは

季節が終わる日(年に4回ある)

江戸時代以降は、春の節分のことを指すようになった

ところで鬼の正体ってなに?

今では、鬼といえば、

赤鬼青鬼といったような

カラフルな肌に、

頭にはツノを生やし

虎の毛皮のパンツといったイメージが

一般的なのではないでしょうか?

 

このイメージはどこからきたのでしょうか?

 

昔は、邪気や厄(やく)の象徴であり、

災害や飢餓、病などの人知を超えた災い

すべて鬼の仕業として恐れられていました。

 

では、なぜ当時の人々は鬼を創造する必要性があったのでしょうか?

 

これは、目に見えないものや捉えどころのないものに、

人は対処することが何もできず、

当時の人は祈るしかなかったのではないでしょうか。

災いを少しでも形にすることで、

対処し乗り越えようとしたのだと思われます。

そこで生み出されたのが鬼という概念でした。

 

鬼の語源は、おぬ(隠)が転じたものといわれています。

おぬ(隠)は、姿の見えないもの

この世ならざるものを意味しています。

姿の見えないものから、目に見えるものにすることで、

人知を超えたものを捉え、克服しようとしたのだと思います。

 

陰陽道では北東が鬼門の位置とされ、

鬼が出入りする方角とされています。

この方角は、十二支でいう丑(うし)寅(とら)にあたります。

このことから鬼の姿を表すために、

牛のツノ虎のパンツが徐々に共通認識として

形作られていったのだと思われます。

ちなみに、鬼の色の由来につきましてはこちらの記事で紹介しています。

 

 

また、この鬼門の方角は、時刻にすると深夜の1時から5時にあたり、

季節では立春にあたるとされています。

鬼とは

災いを起こす怪物

鬼が出入りする鬼門が干支の丑と寅の方角にあたるため、

頭には牛の角を生やし、虎の毛皮のふんどしを締めている。

特に春の節分にたくさん現れた。

なぜ春の節分に豆で鬼退治をするの?

なんとなく春の節分に鬼退治しなければならない理由が

想像できるのではないでしょうか?

 

当時の人たちは、

季節の節目である節分、

しかも、新しい年を迎える大切な日の真夜中に、

北東の方角にはがたくさん暗躍していると信じていました。

この鬼を退治しなければ、鬼は災いを起こし、

翌年の平穏な暮らしはありえないと信じて疑わなかったことでしょう。

 

そこで人々の無病息災を願って朝廷で執り行われたのが、

中国から伝えられた追儺(ついな、おにやらい)という

疫鬼(えきき)を追い払う習俗です。

古くは大晦日に行われていましたが、

この追儺の儀式を春の節分に暗躍する鬼退治にも

取り入れられるようになりました。

 

追儺には、桃の弓葦の矢桃の杖

鬼払いの道具として使われていましたが、

室町時代以降は豆をまいて鬼を追い払う行事へと

発展していったと考えられています。

 

また、豆は庶民でも手に入りやすかったことから

節分に豆をまくという風習が

庶民の間にも広まりやすかったと考えられます。

 

では、なぜ鬼退治に豆が使われたのでしょうか?

 

当時、豆には生命力魔除けの呪力が

備わっていると考えられておりました。

 

また、京都鞍馬山に鬼が現れたときに、

毘沙門天のお告げにより、

大豆を鬼の目に投げつけて

撃退したことからともいわれています。

 

魔(鬼)の目に投げつけ、

魔(鬼)を滅したことから、

鬼退治には豆が使われるようになったとのことです。

」は「魔滅(まめ)」に繋がるという

語呂合わせからきているみたいですね!

豆まきをする理由
鬼は災いを起こして人々を困らせていた。

その鬼を豆で退治し、

人々の健康と安全を願った。

まとめ

なぜ節分に鬼に向かって豆まきをするのか?

理解できたことでしょう。

一年間の無病息災を願った行事だったのですね!

 

ぜひ今年の豆まきは、

家族の一年の幸せ健康安全を願いながら、

楽しく盛大に行ってみてください。

 

子供たちも理由を知れば、

鬼退治のために力いっぱい豆を投げることでしょう。

鬼役のパパ、一日だけの辛抱です笑

 

鬼の色の由来につきましてはこちらの記事

鬼の色の違いの意味とは?赤鬼と青鬼の他に黒鬼など3種類もあった!

で紹介しています。

また、豆まきって地域や家庭によってやり方はさまざま

豆まきの方法について知りたい方はこちらの記事

豆まきの由来や意味とやり方。豆の種類や食べる数、時間はいつやる?

をご参照ください!