災害対策

大規模地震に備えて、普段から対策を行っておきましょう。

備えあれば憂いなし

いざという時、身を守れるようにガイダンスを作成しましたので、

ご参考になさってください。

 

平常時に行う対策

  • 自宅家屋の耐震強度を確認しておこう。必要があれば改修を
  • ハザードマップを参考にして、自宅周辺の危険を確認しておこう
  • 避難場所まで避難ルートを実際に歩いて確認しておこう
  • 幼児や高齢者や付き添いが必要な人の避難に誰が付き添うのか確認しておこう
  • 地域の防災訓練などに参加して、近所同士が災害時に助け合えるようにしておこう
ハザードマップを活用しよう
ハザードマップは市や区の役所で配布されているので、

入手しておきましょう

家の中の安全対策
  • 背の高い家具がない安全なスペースを確保しておこう
  • 寝室や子供部屋、高齢者がいる部屋には倒れそうな家具を置かないようにしよう
  • 出入り口や通路には、通りをふさぐようなものは置かないようにしよう
  • 家具の転倒や落下を防止する対策をしておこう
  • テレビやガラス類を高いところに置かないようにしよう
  • 窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っておこう

 

災害時に備えておくもの

身につけるもの

  • ヘルメット
  • 手袋(軍手)
  • 厚底の靴
  • マスク
  • 上着

 

リュックなどに入れて持ち運べるようにしておくもの

  • 飲料水
  • 携行食・非常食(ビスケット、缶詰など)
  • 粉ミルク・離乳食
  • 日常服用している薬
  • 救急医療品
  • 生理用品
  • オムツ
  • 下着・靴下
  • タオル
  • 携帯レインコート
  • 健康保険証・預金通帳(コピー可)
  • 印鑑
  • 小銭・現金
  • ウェットティッシュ・ティッシュ
  • ゴミ袋・ポリ袋
  • 携帯電話(充電器)携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  • 電池
  • ライター
  • 携帯カイロ
  • ロープ
  • ナイフ・缶切り
  • 入れ歯・メガネ

 

被災生活時に必要なもの

  • 飲料水(1人1日3リットル)
  • 食料
  • 給水用ポリタンク
  • 簡易トイレ(汚物処理袋)
  • トイレットペーパー
  • ドライシャンプー
  • 寝袋・衣類
  • カセットコンロ(燃料)
  • 新聞紙
  • おしり拭き・オムツ
  • 簡易食器(紙皿など)
  • アルミホイル
  • 食品用ラップ
  • ブルーシート
MEMO
飲料水や食料は、最低でも3日分の用意をしておこう

食料は普段食べている日持ちのするものを多く用意しておけば、

無理なく備えられるよ

 

避難時の行動

災害発生

1.避難開始
  • 自宅で生活できなくなったとき
  • 建物倒壊・火災の発生等により危険になったとき
  • 避難勧告・避難指示があったとき
2.一時避難場所へ

安全確保のため、一時的に避難する場所

  • 近くの公園
  • 空き地
  • 防災農地
3.広域避難場所へ

大火災など広域的な被害から避難する場所

  • 大きな公園
  • 緑地
4.避難所へ

一時的に生活できる場所

  • 近くの小・中・高等学校など
津波の恐れがある場合には
  • 津波注意報が発表された場合は、直ちに海や川から離れる
  • 津波警報・大津波警報が発表された場合は、海や川から離れ、頑丈な建物(鉄筋コンクリート造など)や津波避難施設の3階以上の場所に避難する
  • 避難する際は、大声で周囲の人たちに声を掛け、誘い合って逃げる
  • 避難する際は車を使わず、徒歩で避難する
  • 一度避難したら、注意報・警報が解除されるまで、決して引き返さない