旬の食材選び

食材の旬を知って、活用しよう

現在ではほとんどの食材が一年を通して簡単に手に入れることができるようになりました。

ですが、本来日本では、食材が収穫できるシーズンは限られ、

食材の最盛期をといって大切にしてきました。

地域によっては旬の時期に多少の違いはありますが、

旬の時期は食材は大量に流通するため、

国産品でも価格は安くなり栄養価も高くおいしくなります。

各食材の旬を知っておくと便利です。

 

春の野菜

草木の新芽が芽吹く春の季節は、

緑が鮮やかで豊かな香りと味わいの苦味や身のやわらかさなど、

特徴のある野菜が多く見られます。

  • 菜の花 2月〜4月
  • 新玉ねぎ 3月〜4月
  • 春キャベツ 3月〜5月
  • ふきのとう 3月〜5月
  • たらの芽 3月〜6月
  • フキ 3月〜7月
  • たけのこ 4月〜5月
  • アスパラガス 4月〜6月
  • えんどう豆 4〜6月

 

夏の野菜

夏は火照った体を冷ます効果のあるトマトやきゅうり、なすなどの野菜が旬を迎えます。

夏の暑さで奪われがちなビタミンCを豊富に含むものが多く、水分たっぷりな野菜が多いです。

  • ししとう 5月〜8月
  • きゅうり 5月〜9月
  • みょうが 6月〜7月
  • ピーマン 6月〜8月
  • モロヘイヤ 6月〜8月
  • さやいんげん 6月〜9月
  • にがうり 6月〜9月
  • トマト 6月〜9月
  • なす 6月〜9月
  • 枝豆 7月〜8月
  • オクラ 7月〜9月
  • とうもろこし 7月〜9月

 

秋の野菜

食物繊維が豊富ないも類、ビタミンやアミノ酸が豊富なきのこ類など

夏の暑さで疲れた体の調子を整えてくれる、体にやさしい野菜が多く見られます。

  • かぼちゃ 6月〜10月
  • 玉ねぎ 6月〜10月
  • さつまいも 9月〜11月
  • しいたけ 9月〜11月
  • 里芋 9月〜11月
  • にんじん 10月〜2月
  • かぶ 10月〜5月
  • こぼう 11月〜1月
  • 山芋 11月〜2月
  • 白菜 11月〜2月

 

冬の野菜

根菜や葉ものの野菜が中心となり、ビタミンが多く抵抗力を高め、体を温める効果があります。

また、冬野菜は風邪の予防にも役立ちます。

  • じゃがいも 10月〜2月
  • 大根 10月〜3月
  • ネギ 11月〜2月
  • 春菊 11月〜3月
  • ブロッコリー 11月〜3月
  • カリフラワー 11月〜4月
  • 小松菜 12月〜3月
  • ユリ根 1月〜2月

 

春の魚介類

  • アサリ
  • ハマグリ
  • バフンウニ
  • シラス
  • サヨリ
  • 真鯛
  • イサキ
MEMO
魚の味の決め手は脂肪の量。

魚の脂肪が一番多くなるのは産卵期前の栄養をつけている時期です。

この時期を魚の旬といいます。

 

夏の魚介類

  • 初ガツオ
  • スズキ
  • ゴマサバ
  • カレイ
  • アユ
  • アジ
  • たこ
  • うなぎ
  • アナゴ
MEMO
魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸は、

畜肉に多く含まれる飽和脂肪酸と違い、

血中のコレステロール値を下げる働きをします。

 

秋の魚介類

  • 戻りガツオ
  • ヒラメ
  • イワシ
  • 剣先イカ
  • サケ
  • ホタテ
  • サンマ
MEMO
たくさん水揚げされる時期と魚介類の旬は、

ほぼ一致しているため旬の魚介類は安くておいしい。

 

冬の魚介類

  • 本マグロ
  • アンコウ
  • トラフグ
  • 牡蠣
  • タラバガニ
  • ズワイガニ
  • 甘エビ