食品添加物とは

食品添加物の種類

食品添加物とは、食品を製造する際に加工や保存の目的で使われる調味料や保存料、着色料などの総称のことです。

不特定多数の人が食べ続けても安全なように

厚生労働省が安全を確認した上で使用を許可したものを使うように義務付けられています。

厚生労働省が許可した食品添加物は、以下の4つに分類されます。

指定添加物

安全性、有効性が確認され、厚生労働大臣が指定した化学合成品。

例:食品に甘味を与えるキシリトールなど

 

既存添加物

長い間使用されてきて実績のある天然添加物。

例:紅花の色素からつくる食紅など

 

天然香料

香料として使われる天然添加物。

例:シナモンなど

 

一般飲食添加物

食品として利用している材料を他の目的に使用する場合。

例:ターメリックは、食材としてはカレーに利用。添加物としてはたくあんなどの着色料として利用。

 

食品添加物の安全性

現在使用されている食品添加物は、厳しい検査を受け、

身体に影響を及ぼさないと確認された上で使用が許可されています。

しかしながら、複数の食品添加物による相互作用の影響は、

組み合わせが多すぎるため、十分な研究がされているとはいえません。

添加物を使った加工食品の利用が多い食生活では、

複数の種類の食品添加物を体内に取り込むことになります。

添加物を使用した加工食品に過度に頼らず、

手作りのメニューを取り入れたバランスの良い食生活を送るように心がけましょう。

また、食品添加物は加工品の味や保存性を高めるために無くてはならないものです。

食品添加物=悪というイメージだけですべてを拒絶することはありませんが、

賢い消費者になるためにも、自分の選んだ食品にどんな添加物が使われているのかチェックしましょう。

 

食品添加物の使用目的

種類 使用目的 物質名
甘味料 食品に甘味をあたえる キシリトール、アスパルテームなど
調味料 食品に旨味をあたえる L-グルタミン酸ナトリウムなど
着色料 食品に色をつける クチナシ黄色素、食用黄色4号など
保存料 カビや細菌の発育を抑え、保存性をよくする ソルビン酸など
増粘剤 食品に滑らかさや粘り気をあたえる ペクチン、アルギン酸ナトリウムなど
酸化防止剤 油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくする エリソルビン酸ナトリウムなど
発色剤 ハムやソーセージなどの色調を改善する 亜硝酸ナトリウムなど
漂白剤 食品を漂白し、白く綺麗にする 亜硝酸ナトリウムなど
防カビ剤 柑橘類などのカビを防ぎ保存性をよくする  オルトフェニルフェノールなど
ガムベース チューイングガムの基礎に用いる エステルガムなど
香料 食品に香りをつける オレンジ香料、酢酸エチルなど
酸味料 食品に酸味をつける クエン酸、乳酸、酢酸など
乳化剤 油脂と水を均一に混ぜ合わせる レシチン、カゼインナトリウムなど
膨張剤 ケーキのスポンジやクッキーを膨らませる 重曹、塩化アンモニウム
pH調整剤 食品のpHを調整し品質をよくする クエン酸、リンゴ酸など
イーストフード イースト菌の栄養源になって発酵を助ける 炭酸アンモニウムなど
かんすい 中華めんのコシや風味を出す 炭酸ナトリウムなど
栄養強化剤 栄養素を強化する 炭酸カルシウム、ビタミンA・Cなど

 

食品添加物の表示

食品衛生法により、食品の原材料欄に使用したすべての食品添加物の表示が義務付けられています。

他の材料と同様に、添加物も量の多い順に表示され、

その表示方法は大きく次の3つに分類されます。

  1. 物質名(その物質名を記載)
  2. 用途名(使用の目的・用途を記載)
  3. 一括名(同様の機能・効果を有するものを一括表示)

加工後には微量しか残らない加工助剤や原材料に使用した認められた添加物が、

最終食品になったときに量が少なく効果を発揮しないキャリーオーバーと呼ばれる場合、

栄養強化の目的で用いられた場合は表示を免除されます。